ホーム > 育毛 > シャンプーを男性用に変えてみる

シャンプーを男性用に変えてみる

髪の育毛剤とケアのためにこころがけていることは、以下の5つです。

 

1.カラーリングを最小限にする。

2.パーマをかけたいけれどカラーリングするなら控えること。

3.髪の毛が絡まる長さになったら、いさぎよく切る。

4.洗髪後は、頭部の髪から毛先までさらさらになるまで乾かす。

(その前にタオルを2枚使い、タオルドライもしっかり行う。)

5.お出かけ前の髪のセットは、温風後に冷風を当てる。

 

髪質が猫毛で細く、ストレートなのですが肩につくぐらいまで伸ばすと自然にうねりが片側だけ出てきます。20代に、カラーリングとパーマを繰り返し、パサパサの傷んだ髪の毛で暮らしていたので、黒髪とストレートの流行がきてからは、ボブカットで過ごしています。すると、髪がだいぶ扱いやすくなりました。

 

ヘアケア用品を使っても効果ありが実感できます。自然乾燥の方が、ドライヤーを使うより髪に良いという思い込みが無くなったので、シャンプー後は、しっかり乾かしてから寝ています。

 

朝、目が覚めて、髪に触れた手触りが良いというのはなんとも気分の良いものです。シャンプーやトリートメントは、男性用の脂質肌向けを使っています。最近は男性用も美容に力をいれているので、美容面でも問題はあまりないでしょう。

 

香りはフローラル系ではなく、アクア系や柑橘類、ミント系ですが、毛穴が開いた感じがして、その感覚がドライヤーで乾燥させるときに良い感じです。

 

もともと、乾燥肌なのでシャンプーはしっとり保湿成分配合のものを使っていましたが、頭皮は、顔の肌頭皮違い脂質が溜まりやすいので、今のシャンプーの方がしっくりきています。髪の毛もきちんとトリートメントで保湿できています。何より枝毛も抜け毛もだいぶ減りました。

 

 


関連記事

  1. シャンプーを男性用に変えてみる

    髪の育毛剤とケアのためにこころがけていることは、以下の5つです。   ...

  2. サプリで育毛

    髪が薄くなってきてやばい!と 育毛対策をはじめようとしている方に 紹介したいもの...