ホーム > メニエール病 > メニエール病はセルフケアも大切な病気

メニエール病はセルフケアも大切な病気

職種にもよって違いますが、メニエール病の辛い発作が起きた時は、多かれ少ないとも言いきれず、業務に影響がでるのは避けることができません。メニエール病の発作がなければ、何も問題のない日常生活が普通におくれますが、患者とってはかなりつらくて大変なことでしょう。

夏場だけじゃなく起こりうる脱水やストレスで腎臓と深く関わる抗利尿ホルモンが出すぎてしまうことは前から知られていた話です。それをなくすには水分補給をよくしストレスを溜めないようにしそのお陰で抗利尿ホルモンがおさえられて水分が内耳にたまりにくいだけじゅあなく内耳の血の巡りを改善し効果があらわれることを利用して創られたのが、近年よくきく水分摂取療法なのです。

なんと先進国で生活をおくる人が沢山発症し、それがまったく発症がないとされる発展途上国ですが、ストレスがあるかないかで変化し症状への治療法はまだ決まっていないようで、詳しい専門医が中々いないことです。

 

診断もしてもったら、発作等色々な症状が出た場合にも冷静になりその場に必要な対処が必要でストレスを受けないように日頃の生活習慣に注意しながら自分の他には誰にも出来ないため成立しない職種は中々できません。

それに発作がおきるか分からない中で、発作が起きたら、懇願が会社から言われ立ときは何も出来ません。

 

 

沿ういう場面が、容易に考えられ沿ういう仕事はなるべく辞めましょう。

 

 

耳の中の器官である蝸牛に水がたまると耳鳴りや難聴、三半規管や耳石器に水がたまった時は、めまいが起こります。

 

 

 

蝸牛、三半規管、耳石器の全てに水がたまる事も多くあります。病状の激しい時にはそれに加えて吐き気・嘔吐・動悸などの症状も一気に現れます。この様な症状が出る頻度は一人一人違い、年中、症状に悩まされる方もいれば1年に数回しか症状が現れない方もいます。メニエール病とうつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)は関連が深い病気です。

 

うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)になった場合にも、耳鳴り辞めまいなどの症状を起こすことがあります。

 

 

このようなめまいは心因性のめまいといわれ、耳の器官の病気から生じるものとは分けられていますが、メニエール病との診断を受けて治療をしても回復せず、実際は心因性によるめまいだっ立というケースもあります。

 

ストレスが多い女性がなりやすいメニエール病の治療とは起きていられない位の辛い発作の時は安静をするようにしめまい止めを使うことで落ち着くようです。それ以外には手術をする治療法もありそのうちの7割~9割がめまいの症状が落ち着くがまれに聴力がダメージ受けることがあり注意する必要性があります。

 

日常生活での治療法があり食事による治療は改善が見込めることから改善される有効な治療ということだか自分自身によるセルフケアも大事になってくるのでしっかりとやることが大切です。メニエール病は薬で治すのが基本ですが、吐き気がひどく、服薬治療が出来ない場合は、点滴で消化活動が正常に戻ってから、口腔からの薬の治療に変更します。

ところが、メニエール病はストレスや眠りが浅いなどの原因があり早い回復を期待するのであれば規則正しい生活が肝要になります。メニエール病で完治を目指す